鶴居ベニソン 未楽来工房

鹿肉ステーキ
鹿肉ハンバーグ
鶴居村のエゾ鹿
鶴居村 秋の湿原

鶴居ベニソン 未楽来工房の鹿肉

エゾ鹿

北海道にはたくさんのエゾシカが生息しています。
令和元年度の推定生息数は約67万頭といわれており、そのエゾシカが及ぼす被害は農林業にとどまらず、交通事故など人命に関わる被害にまで及んでおります。

これまでは、銃器や罠などによる捕獲、田畑の鹿柵や電気柵など、様々な方法で被害対策を行ってきましたが、非常に高い繁殖力のエゾシカは、生息地の変更などで北海道全体の生息数減少には至っておりません。鶴居村も例外ではなく、農林業被害対策に苦慮しております。

鶴居村は、釧路湿原に隣接しており、人口は2500名程ですがとても広大な面積の村です。酪農業が盛んで、ホルスタインや和牛など約1万6千頭が飼育されています。

特別天然記念物の丹頂鶴が生息していることは知られておりますが、エゾシカ、ヒグマ、キツネ、タヌキの他、蝦夷フクロウや幻のイトウ等たくさんの希少動物達も生息する野生王国です。

鶴居村のエゾシカは、牛の大切な牧草や栄養価の高い飼料を捕食することで、とても美味しい肉質になっておりますが、狩猟や有害駆除で捕獲したエゾシカのほとんどは焼却処分されておりました。
未楽来工房は、その大切な資源を利活用するために、捕獲後の処理からこだわり、厳選した個体だけを食肉用として加工し、多くの方々に喜ばれております。

また、未楽来工房では通常のドライエイジング(熟成)ではなく、電気的に熟成を施しているためにロスも殆どなく短時間で熟成するため安価でとても衛生的な熟成肉が特徴となっております。

食用に適さない個体についても、その命を無駄にすることなく様々な用途で利活用しています。
他にはない鶴居の美味しいエゾシカ「鶴居ベニソン」を是非お試しください。

鹿肉

栄養士のレシピ紹介 未楽来工房の鹿肉を使ったレシピを紹介栄養士のレシピ紹介 未楽来工房の鹿肉を使ったレシピを紹介

ウェブで簡単ふるさと納税さとふる